新工法:DAIKOKU 2600 PROJECT

2600project-eyecatch

天井が高い家

天井が高いと家は、開放感に溢れる・・・

当社独自の天井高設計の家(在来工法、木材軸組み工法)
1階も2階も天井までの高さ2,600mを実現しました。

天井が高い家のメリットとは?

まずは、天井を高くすることによるメリットを見てみましょう。

  • 部屋の圧迫感がやわらぐ
  • 天井の装飾にこだわることができる
  • 採光に有利で明るい空間づくりができる

天井を高くすると開放的な雰囲気になり、華やかな照明も栄えやすくなります。一般的な住宅の天井高は約2,400mmですが、天井高をあげることで開放感が大きく変わります。さらに吹き抜けやロフト、中二階を設けることで空間を立体的に活用することができます。

モデルハウスをご覧になってください、ゆったりとした開放感を実感できます。

家族の生活の中心となるリビング階の天井高を2,600mmと一般的な住宅よりも20~30cm高くすることで心地よい開放感のある空間を実現。入居されたお客様からも高く評価されて喜ばれています。

空間を広く見せるハイドア

天井高が2,600mmのリビングに“2,300mm”のハイドアを設置。お部屋に入るとハイドアがあることによって天井高2,400mmの家との大きさの違いを実感させてくれることでしょう。

ドアの高さがお部屋の縦の広がりを表現し、開放感あふれる空間を演出します。

当社は、1階・2階とも全室天井高仕様が可能です。